連携サービス仕様

ここでは、sakura.ioで取得されたデータを、 自社構築のシステムもしくは他社が提供する外部のサービスと連携する「連携サービス」に関する仕様を記載します。

現在、下記の連携サービスが選択可能となっており、今後も随時追加していく予定です。

サービス名 データ方向
WebSocket 双方向
Outgoing Webhook sakura.io→外部
Incoming Webhook 外部→sakura.io
MQTT 双方向
DataStore API (2020年5月12日提供終了) sakura.io→外部
DataStore V2 API sakura.io→外部
AWS IoT 双方向
Azure IoT Hub 双方向
Azure Event Hubs sakura.io→Azure Event Hubs
Google Cloud Pub/Sub Publisher sakura.io→Google Cloud Pub/Sub

注意事項

DataStoreおよびDataStore APIは標準機能としての提供を2020年5月12日に終了いたしました。 同様の機能はDataStore V2およびDataStore V2 APIでオプションとして提供されます。 今後、sakura.io上で通信したデータの保存を希望する場合は データ保存機能(DataStore V2)仕様 および DataStore V2 API をご覧ください。