Azure Event Hubsとの連携設定

Microsoft社が提供するAzure Event Hubsとsakura.ioを接続を行い、 sakura.ioからEvent Hubsへのメッセージ送信を行います。

設定の概要について

  • Azure Event HubsのNamespaceを作成します
  • 作成したNamespaceの中にEvent Hubs Instanceを作成します
  • Event Hubs Instanceの共有アクセスポリシーを取得します
  • sakura.ioで連携サービスの設定を行います

事前準備

Azure Event Hubs Namespaceの作成

sakura.ioから接続するEvent Hubs Instanceが配置されるEvent Hubs Namespaceを作成します。

Azure Portal を開き、[リソースの作成]→[モノのインターネット(IoT)]→[Event Hubs]をクリックし、 Event Hubsの設定画面へ移動します。

azure-event-hub-1

価格レベル・サブスクリプション・リソースグループ・リージョン名前などを入力後、Createをクリックします。 ここでは価格レベルは[Standard]を選択します。

azure-event-hub-2

Azure Event Hubs Instanceの作成

先程使用したNamespaceの中に、Event Hubs Instanceを作成します。

[Event Hubs]→[+ Event Hubs]を順にクリックします。

azure-event-hub-3

名前・パーティション数などを設定し、Createをクリックします。

azure-event-hub-4

共有アクセスポリシーの取得

Event Hubs Instanceの共有アクセスポリシーを取得します。

[Shared access policies]→[Add]と移動し、共有アクセスポリシーの新規作成画面へ移動します。 名前を入力し、Sendの権限にチェックを入れ、作成します。

azure-event-hub-5

しばらくすると共有アクセスポリシーが利用可能になります。 先程作ったものをクリックし、接続文字列(Connection String)をコピーし、控えておきます。

azure-event-hub-6

コントロールパネルの操作方法

Azure Event Hubsの連携サービス追加

連携サービスの追加を行いたいプロジェクトの 詳細 ボタンをクリックします。

プロジェクトの詳細ボタンをクリックして、プロジェクトの設定を開始します。

連携サービス をクリックします。

連携サービスをクリックして、連携サービスの詳細画面を開きます。

連携サービス追加 をクリックします。

連携サービス追加をクリックして、連携サービスを追加します

連携サービスの選択画面でAzure Event Hubsをクリックします。

create azure-event-hub service

以下の項目を入力し、作成ボタンをクリックします。

名前: 任意
Shared Access Key: Event Hubs Instanceの接続文字列
azure-event-hub-8

連携の確認

Azure Event Hubがsakura.ioと連携されていることを確認するには、AzureのSDKに含まれるEventProcessorHostを作成することで行なえます。 詳しくはこちらをご覧ください。 Java を使用して Azure Event Hubs からイベントを受信する