故障かなと思ったら

ここでは、通信ができない場合等にご確認いただく、簡単な切り分け方法を記載します。

さくらの通信モジュールがオンラインにならない、データがアップロードできないなど、お使いいただけないときは、ご利用の製品と症状をご確認いただき、修理が必要かご確認ください。

症状によっては、お客様の操作で改善する場合がございます。

付属アンテナの装着について

通信モジュールにアンテナが接続されていないと、電波を受信しにくくなり、通信不能の状態になります。付属のアンテナが正常に接続されていることをご確認ください。

Example

▲接続例

アンテナは2本とも必要となります。

電波状況について

電波状況の良い場所に移動するなどをお願い致します。 さくらの通信モジュールはSoftBank 4G LTEのサービス提供エリアでご利用可能です。

サービスエリアマップ

また、建物の構造上の問題などで、サービスエリア内であっても電波が入らない場合があります。その場合は、一度、場所を変えて接続テストを行ってみてください。

初回起動時について

初回の起動時には、ファームウェアのアップデートが実行されます。この作業には数分かかります。

電源供給について

USB電源の給電能力が不十分な時は、一見動作していても正しく接続できないことがあります。

この場合、マイコンをACアダプタから給電する事で改善する事があります。

また、USB電源の供給能力が足りている場合での以下の理由で一見して動作しているように見えても正しく動作しないことがあります。

弊社のArduinoシールドは回路図の通り、VIN端子から電源が供給されることを想定しております。 しかしながら、Arduinoの製品によってはUSBからの電源をVINに供給していないボードがあります。 その場合にはACアダプタをご利用いただいて、VIN端子に正しく電源が供給されるように接続してください。 Arduinoの5V電源ではどの程度の電流が取れるか不定のためこのような設計となっております。

ただし、Arduino Unoに代表される一部のArduinoでは、実装されているLDOに内在しているダイオードを介して、 USBの5VがVINに逆流できる場合があります。 このようなArduinoをご利用の場合にはUSBからの電源供給のみで動作する場合もあります。

動作が不安定になる場合もございますので、ご利用のArduinoの回路図をご確認いただき、 回路上問題がない場合は、VIN端子と5V端子をジャンパでショートさせることで、 安定した動作ができる場合があります。

WAKE_IN端子のプルアップについて

v1.2.0ファームウェアより、WAKE_IN端子について明示的なプルアップが必要になりました。

ブレイクアウトボードや独自設計のマイコンボードと接続する際にプルアップを行わない場合、STAT LEDが点灯せず、接続された通信モジュールがオンラインにならない場合があります。WAKE_IN端子が正しくプルアップされているか、あるいはHighになっているかご確認ください。

なお、その他シールドの場合、ハードウェア側でプルアップされております。

設置場所について

誤作動や,動作不良が予想されますので,以下のような状態または環境条件下では使用しないでください。

  • 液体の中,または腐食性雰囲気のある場所
  • 高湿が連続する場所
  • 潮風を受ける場所
  • 直射日光を受ける場所
  • 急激な温度変化がある場所
  • ヒーターやエアコンなどの風を直接受ける場所
  • 強い振動がある場所
  • 強い電磁波がある場所
  • 帯電または静電気が発生する場所
  • その他,これらに準じる条件下

Arduinoシールドのジャンパピン装着について

Arduinoシールドをご利用の場合、下記をご確認の上、ジャンパピンの装着が正しいかをご確認ください。

I2Cの場合 SPIの場合 UARTの場合
I2C SPPI UART