Azure IoT Hubとの連携設定

Microsoft社が提供するAzure IoT Hubとsakura.ioを接続を行い、 メッセージの相互通信を行います。

設定の概要について

  • Azure IoT Hubを作成します
  • IoT Hubの共有アクセスポリシーを取得します
  • sakura.ioで連携サービスの設定を行います

事前準備

Azure IoT Hubの作成

sakura.ioで接続するIoT Hubを作成します。

Azure Portal を開き、[リソースの作成]→[モノのインターネット(IoT)]→[IoT Hub]をクリックし、 IoT Hubの設定画面へ移動します。

azure-iot-hub-1

サブスクリプション・リソースグループ・リージョン名前などを入力後、 [Size and scale]を選択して料金プランを選択します。 ここでは[F1 Free tier]を選択します。

azure-iot-hub-2

共有アクセスポリシーの取得

[Shared access policies]→[Add]と移動し、共有アクセスポリシーの新規作成画面へ移動します。 名前を入力し、Registry Write, Device Connectの権限にチェックを入れ、作成します。

azure-iot-hub-3

しばらくすると共有アクセスポリシーが利用可能になります。 先程作ったものをクリックし、接続文字列(Connection String)をコピーし、控えておきます。

azure-iot-hub-4

コントロールパネルの操作方法

Azure IoT Hubの連携サービス追加

連携サービスの追加を行いたいプロジェクトの 詳細 ボタンをクリックします。

プロジェクトの詳細ボタンをクリックして、プロジェクトの設定を開始します。

連携サービス をクリックします。

連携サービスをクリックして、連携サービスの詳細画面を開きます。

連携サービス追加 をクリックします。

連携サービス追加をクリックして、連携サービスを追加します

連携サービスの選択画面でAzure IoT Hubをクリックします。

create azure-iot-hub service

以下の項目を入力し、作成ボタンをクリックします。

名前: 任意
Shared Access Key: Azure IoT Hubの共有アクセスポリシーの接続文字列
Azure IoT デバイス名 プレフィックス: sakura.ioのデバイス名の前に、ここで指定したプレフィックスが追加されます 必要ない場合は空文字を指定します
azure-iot-hub-6

連携の確認

Azure IoT Hubがsakura.ioと連携されていることを確認するには、 Windowsアプリケーションである DeviceExplorer を使用するのが手軽です。