MQTT Client

MQTT Clientは、お客様に用意いただいたMQTTブローカーに対し、sakura.ioがクライアント(Publisher/Subscriber)として接続することでモジュールとのデータ送受信を可能にします。

コントロールパネルの操作方法

MQTT Client のサービス追加

サービスの追加を行いたいプロジェクトの 詳細 ボタンをクリックします。

プロジェクトの詳細ボタンをクリックして、プロジェクトの設定を開始します。

連携サービス をクリックします。

連携サービスをクリックして、連携サービスの詳細画面を開きます。

サービス追加 をクリックします。

サービス追加をクリックして、連携サービスを追加します

追加サービスの選択画面で MQTT Client をクリックします。

createmqtt1

以下の項目を入力します。 TLSによる接続の保護が不要の場合は、ここで 作成 ボタンをクリックします。

名前:任意
ホスト名:MQTTブローカー側のホスト名、もしくはIPアドレス
ポート番号:任意、デフォルトは1883(TLS有効時は8883)
ユーザー名、パスワード:文字列が入力されている場合MQTTのユーザー認証が有効化
PublishするTopicのプレフィックス:sakura.ioがメッセージをPublishするトピックを指定
SubscribeするTopic:sakura.ioがメッセージをSubscribeするトピックを指定
createmqtt2

注意事項

  • TLSを設定しない限り平文で送信されます。

  • Publishは 指定したトピック/モジュールID というトピックに行われます。

  • PublishおよびSubscribeはQoS Lv0で行われます。

  • Publish先トピックとSubscribe先トピックの重複は許可されません。

    • 例:Publishプレフィックス sakura/hoge/ 、Subscribeトピック sakura/hoge/
  • Subscribe先トピック名にワイルドカードはご利用いただけません。

    • 例:Subscribeトピック sakura/hoge/#

TLSによる接続の保護を行う に、チェックを入れる事で、TLSによる暗号化が有効化されます。 ここにルート証明書を入力し、 作成 ボタンをクリックします。

createmqtt3

※TLSが有効化されている場合、ルート証明書(PEM形式)の入力は必須となります。

また、 クライアント証明書による認証を有効化 にチェックを入れる事で、クライアント証明書および、クライアント秘密鍵を入力する欄が表示されます。

createmqtt4

MQTT Client の設定変更

作成後の MQTT Client のサービス名称や各種パラメータは変更が可能です。

各プロジェクト内の連携サービスの歯車をクリックします。

service-settings

変更したい項目に入力をして、 保存 ボタンをクリックします。

createmqtt6

なお、接続ホストへの接続エラーが起こっている際、この画面でエラーが表示されます。