AWS IoT

お客様で用意していただいたAWS IoTのインスタンスに、sakura.ioがクライアント(Publisher/Subscriber)として接続しにいくことにでモジュールとのデータ送受信を可能にします。

コントロールパネルの操作方法

AWS IoT のサービス追加

サービスの追加を行いたいプロジェクトの 詳細 ボタンをクリックします。

プロジェクトの詳細ボタンをクリックして、プロジェクトの設定を開始します。

連携サービス をクリックします。

連携サービスをクリックして、連携サービスの詳細画面を開きます。

サービス追加 をクリックします。

サービス追加をクリックして、連携サービスを追加します

追加サービスの選択画面で AWS IoT をクリックします。

createawsiot1

以下の項目を入力し、 作成 ボタンをクリックします。

項目 入力内容
名前 任意
ホスト名 AWS IoT側のホスト名 or IPアドレス => 補足
ポート番号 任意、デフォルトはTLS通信標準の8883
PublishするTopicのプレフィックス sakura.ioがメッセージをPublishするトピックを指定
SubscribeするTopic sakura.ioがメッセージをSubscribeするトピックを指定
TLS AWS側で取得したCA証明書、クライアント証明書、クライアント秘密鍵を入力 => 補足
createawsiot2

注意事項

  • AWS IoT連携サービスではTLSの設定は必須です。 利用するルート証明書、クライアント証明書、クライアント秘密鍵は別途AWS IoT側で取得してください。

  • Publishは 指定したトピック/モジュールID というトピックに行われます。

  • PublishおよびSubscribeはQoS Lv0で行われます。

  • Publish先トピックとSubscribe先トピックの重複は許可されません。

    • 例:Publishプレフィックス sakura/hoge/ 、Subscribeトピック sakura/hoge/
  • Subscribe先トピック名にワイルドカードはご利用いただけません。

    • 例:Subscribeトピック sakura/hoge/#

AWS IoT の設定変更

作成後の AWS IoT のサービス名称や各種パラメータは変更が可能です。

各プロジェクト内の AWS IoT サービスをクリックします。

サービス連携の詳細画面が表示されるので、修正したい項目を入力し、 保存 ボタンをクリックします。

AWS IoT の サービス追加について

「ホスト名」と「証明書」について下記に補足します。

ホスト名

AWS の 「設定 / Setting」の項目から下記のように参照出来ます。

awsendpoint

証明書

下記のように 1クリックで証明書を作成した場合の補足をします。

awsoneclick

「Activate」で証明書を有効にします。

awsdeactivated

証明書を有効にした後にそれぞれ「Download」を「リンク先を保存」/ もしくはダウンロードします。

awsactivated

ダウンロードしたそれぞれのファイルを開きクリップボードにコピーします。 sakura.io 作成時の項目に利用します。

注釈

  • VeriSign-Class 3-Public-Primary-Certification-Authority-G5.pem は、「ルート証明書(PEM 形式)」のフォームにペーストします。
  • ******-certificate.pem.crt は、「クライアント証明書(PEM 形式)」のフォームにペーストします。
  • ******-private.pem.key は、「クライアント秘密鍵(PEM形式)」のフォームにペーストします。